主婦が総量規制に影響されることなくキャッシングできるの?

収入のない専業主婦に立ちはだかるのが総量規制の壁です。
総量規制とは本人の借入総額が年収の1/3を超える融資は行ってはいけないという法律で、自己破産などにつながりやすい過剰な個人向け融資から消費者を守るためにつくられました。
この法律によれば専業主婦に限らず無職・無収入の人は原則として借り入れができないことになります。

総量規制には対象外がある

実は総量規制が適用されるのは消費者金融や信販会社などの貸金業者に限られています。
銀行は総量規制対象外のため、専業主婦でも借りられる可能性があるんですね。

銀行カードローンのメリット

銀行のカードローンは消費者金融にくらべて金利が低いことが大きな魅力です。
さらに銀行が母体であることから、利用者としては信頼性が高く安心して利用できる点もメリットとなっています。

専業主婦が借り入れしたい場合のポイント

総量規制対象外の銀行では、専業主婦でも利用可能なカードローンを提供しているところが増えつつあります。
借入を検討しているなら、利用条件の中に「専業主婦でも利用できる」旨がきちんと明記されているものをピックアップしてみましょう。
専業主婦でも借入OKの銀行カードローンを利用するには、配偶者に安定収入があることが前提となりますので、これをクリアしていれば借り入れできる可能性が高くなります。

夫にバレないか心配

銀行の専業主婦向けカードローンは限度額を低く設定しています。
このため特に収入証明書なども必要ありません。
また夫の同意書も不要で申込可能なので、面倒な書類準備で夫にバレる心配はないんです。
またインターネットや自動契約機を利用して申し込みを行えば、自分の都合に合わせてこっそり手続きすることが可能です。
カードや利用明細書が自宅に郵送されるのが嫌な人は、自動契約機でカード受取りを行い、WEB明細書を利用すると安心です。

以上のように無収入の専業主婦でも、銀行のカードローンなら申し込みが可能です。
家計のやりくりで行き詰ったときには、上手にキャッシングを活用してみてはいかがでしょうか。